スマホの電磁波が健康に与える影響

一般に普及したスマホ

スマホが一般に普及し、社会人からお年寄り、小学生までスマホを持つようになりました。そこで気になるのがスマホから発せられる電磁波の人体に与える影響です。

電磁波とは何か?

電磁波とは空間の電場と磁場によって作られる波です。通信に使われる波長の長い電波から、太陽光に多く含まれる赤外線、可視光線、紫外線や、波長の短いものとして医療機関で体内の患部を撮影する時に使うX線や、放射性物質から発せられるガンマ線があります。

電磁波はエネルギーを持った波なので人体に吸収された場合に影響を与えます。電磁波の種類によって人体に与える影響は変わります。

スマホから発せられる電磁波の種類

スマホから発せられる電磁波はマイクロ波です。電子レンジと同じように水分子を振動させ熱を発生させます。

スマホのマイクロ波による人体への影響

各種体調不良、脳腫瘍のリスクの増加、精子の質の低下の原因になるという意見があります。

日常で出来る現実的な対策とは

スマホを使わない事は利便性の面から難しいので、スマホを日常的に利用しながら人体に浴びる電磁波が少なくなるような対策を挙げていきます。

通話ではなくメールで連絡をする

通話時の電磁波はメール時の電磁波よりも強いため、メールで出来る連絡では通話はしないようにしましょう。

子供には通話の出来るプランのスマホを使わせない

子供は細胞分裂が活発なため電磁波の影響を受け易いので子供には通話の出来るプランのスマホは使わせない方が良いです。データ通信のみのプランのスマホを使わせます。

スピーカーやイヤホンマイクで電話をする。

電磁波の影響は距離の2乗に反比例して小さくなるのでスマホは体から離して通話をします。スマホのスピーカー機能やイヤホンマイクを繋げて通話をしましょう。

睡眠時にスマホは体からなるべく遠くに置く

特に睡眠時にはスマホは使わないので遠くに置くべきです。寝る前にスマホを使う事もブルーライトによる覚醒効果があり睡眠の質を下げるために止めた方が良いのとスマホを枕元に置いて寝てしまう危険があるので止めましょう。

スマホをポケットに入れる時は画面側を体に向ける

スマホの電磁波は画面側より裏側から強く出るのでポケットにスマホを入れる時は画面側を体に向けます。

高速で移動している最中は通話をしない

車や電車で高速で移動している最中は基地局との通信のための電波が強くなるので通話は控えましょう。

電車内ではスマホの電源を切る

電車は金属製でありスマホの電波を通しにくいため、スマホはより強い電磁波を出して基地局と通信しようとします。また金属で電磁波が跳ね返るため、人体が浴びる電磁波の量が何倍にもなります。その上周りの人達の持つスマホも同じ状況なため、電磁波の量がさらに増します。電車に乗る前に携帯電話の電源を切るのはマナーだけではなく電磁波対策でもあるのです。

格安SIMでデータ通信のみのプランを選ぶ

格安SIMでデータ通信のみのプランを選びましょう。格安SIMを提供するMVNOは何社もありますので比較をして自分の好きな業者を選びましょう。













コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です