SNSの危険性

SNSとは

SNSとは、ソーシャルネットワーキングサービスの略であり、主なSNSとしてfacebookやtwitterなどがあります。

個人情報が流出する

SNSに登録をする時に個人情報を入力しますし、記事を書く事でさらに情報が公開されます。個人情報の主なものは名前、生年月日、性別、住所、職業、勤務先、家族、交友関係です。

写真による情報の流出

自分自身は写真を公開していなくても、知人や友人と取った写真を知人などが公開する事で自分の写真が公開されます。また写真には風景や建物が写る事で場所を特定する事が出来ます。また、ピースサインの写真で指紋の情報を収集される場合もあります。

写真には位置情報が埋め込まれている場合がある

携帯電話やスマホで写真を撮ると、GPSで取得された位置情報が写真のデータに含まれている場合があります。携帯電話やスマホの設定で位置情報を写真に記録しないように設定をしましょう。写真はGPSの付いていないデジカメで撮るのも一つの対策です。

一度広まってしまった情報を削除する事は非常に困難

インターネット上で広まった情報はコピーされるため、削除をする事は非常に困難です。

ストーカーや空き巣などの被害に遭う可能性がある

広まった個人情報は誰でも入手する事が出来るため、自分が面識の無い人がストーカー行為をして来たり空き巣を行ったりする事が出来ます。そうなると交友関係から捜査を行う事が難しくなり、犯人が捕まらないという事になります。

就職に不利になる場合がある

悪いエピソードがあった場合に就職に不利になる事があります。